自分に合った保険を

保険を比較する大切さ

学資保険のメリット・デメリット

学資保険とは子どもの教育費の確保を目的とし、一定の金額を積立する商品です。万が一保護者が亡くなった場合は毎月の支払いが免除され、満期金や祝い金を受け取ることができます。学資保険は大きく二つに分類することができます。一つ目の「貯蓄型」は計画的に貯蓄をすることができ、返戻率が100%超になるのが魅力です。自分で貯金をするのが苦手な方に薦められます。デメリットとしては医療保障がついていないため、万一のケガや病気の際には何も保障がありません。二つ目の「保障型」は契約内容によりますが、医療保障・死亡保障などが付加されています。子どもへの保障が手厚くなります。デメリットは保障内容が付加されたことによって、毎月々の支払いが上乗せされてしまいます。それによって満期金が元本割れになる可能性があります。

積立預金との比較・検討

学資保険は子供が成長して教育費が必要になったときに備えるための商品です。考え方としては銀行の積立預金と同様ですが、この商品ならではの特徴があります。銀行の場合、万が一積立の途中で親が死亡した時にはそれ以上預金を増やしていくことはできません。その時点で口座に蓄えられた金額しか手元には残りません。この商品の場合には、仮に契約者が死亡したとしても残りの保険料の支払いは免除されて、あらかじめ決められた期日に契約時の金額を受け取ることができます。銀行の預金にしても、それぞれ違ったメリット・デメリットがあります。運用先を決めるのはあくまで自分ですから、後で後悔しないためにもじっくりと比較・検討することを忘れないようにしましょう。

貯蓄と保障の保険の情報

Copyright 貯蓄型と保障型の保険 All rights reserved.