保険内容を比較する

会社で違う学資保険の内容

学資保険を子供の未来の為に

子供が産まれて嬉しさもつかの間、成長するにつれ増えていく教育費。 高校、大学へと進学する際に頼りになる、学資保険を検討する人は多いと思います。学資保険は貯蓄型と保証型に分けられます。また両方をバランスよく取り入れている商品もでてきています。貯蓄型は進学する時に足しになるよう満期に受け取る金額が多いのが魅力です。保証型は医療保険が充実しているので貯蓄率は少なく、満期返戻金は支払った金額より少なくなります。どちらを選ぶかは何社か見積もりをとって比較検討することをお勧めします。教育資金の準備は早いにこしたことがないので、今すぐ準備に取り掛かりましょう。

貯蓄率が高さで選ぶには

子供が生まれてから始める学資保険。低金利の時代だからこそ、少しでも貯蓄率の高い商品を選びたいものです。例えば、ソニー生命は、18歳満期(18歳まで払い込み)で200万円を受け取るプランの場合、返戻率は111.8%となっています。アメリカンファミリー生命の「夢みる子供の学資保険」では、18歳満期(18歳まで払い込み)で一時金と4年間の学資年金の合計で300万円を受け取るプランの場合、返戻率は111.3%です。商品によっては、医療保険の機能を加える代わりに返戻率が100%を切るものなど、様々な特色があります。その機能が本当に必要かもよく吟味して、少しでも価値の高い商品を選択してください。

貯蓄と保障の保険の情報

Copyright 貯蓄型と保障型の保険 All rights reserved.